• HOME > 
  • 歯周病・歯周外科

歯周病・歯周外科

「歯ぐきが腫れている」「歯をみがくと出血する」……こんな症状があるのに放置している、ということはありませんか? 初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がなく、歯周病に気づいたときには重症化していることもある恐ろしい病気です。

こちらでは愛知県愛知郡東郷町の歯医者「奥川歯科室」の歯周病治療や歯周外科についてご説明します。当院ではやせてしまった歯ぐきを再生するための歯肉移植術にも対応可能です。歯ぐきに少しでも違和感があれば、早めに当院までお越しください。

歯周病

歯ぐきの腫れ、出血~歯を支える骨が溶けてしまう歯周病

歯ぐきの腫れ、出血~歯を支える骨が溶けてしまう歯周病

「歯の病気=虫歯」と考えている方が多いかもしれませんが、歯周病は虫歯と同じくらい一般的な病気です。じつに日本人の30歳代以上の方の8割が歯周病、あるいはその予備軍といわれており、まさに国民病といえます。

ところが、初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がないため、歯ぐきの腫れや出血などの症状があらわれたときには、かなり進行しているといったケースもあります。重度の歯周病は歯ぐきだけでなく、歯を支える骨も溶かしていき、支えを失った歯がぽろりと抜け落ちてしまうこともあるのです。

歯ぐきの腫れ、出血~歯を支える骨が溶けてしまう歯周病

実は、日本人が歯を失う原因の第一位は、虫歯ではなく歯周病です。しかし、歯周病の原因はよくわかっており、防ぐことができます。歯周病になる原因を知って、歯周病にかかって歯を失うことのないように予防処置に努めましょう。

歯周病の原因と対策

歯周病の原因と対策

歯周病は歯と歯ぐきの間、いわゆる歯周ポケットのプラーク(歯垢)に棲みついた歯周病菌によって起こる感染症です。細菌が出す毒素によって、歯ぐきや歯を支える骨を溶かしていきます。末期になると歯の支えがなくなるため、歯がぐらぐら揺れ、最終的に抜けてしまうというわけです。

歯周病予防のためには、歯周病菌の棲みかである歯周ポケットをきれいにすることが必要になります。プラークが付着しないように、毎日丁寧に歯みがきをすることが歯周病対策につながるのです。

とはいえ、セルフケアだけですべての汚れを落としきることは容易ではありません。そこで、歯科医院における予防処置が必要になります。とくに違和感がなくても、成人の方であれば、3ヶ月に一度は定期健診を受け、歯をクリーニングするようにしましょう。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病は歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですが、歯周病が怖いのはそれだけではありません。感染症のひとつであるために、全身の病気とも深く関わりがあるのです。健康的な生活を送るためにも歯周病対策に取り組んでいきましょう。

心臓疾患・脳血管疾患 歯周病菌の刺激によって生み出された炎症物質が血管中の動脈硬化を誘発し、血液の通り道が細くなって、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病は糖尿病の合併症のひとつといわれており、糖尿病患者は歯周病にかかりやすいという報告があります。また歯周病になると、糖尿病の症状が悪化するという報告もあります。
低体重児出産・早産 妊婦が歯周病にかかると、低体重児出産や早産リスクが高くなることが報告されています。妊娠すると歯周病にかかりやすくなるといわれていますので、いっそう注意が必要です。
誤嚥性肺炎
(ごえんせいはいえん)
高齢者の方の場合、食事のときにむせるなどして、歯周病菌を誤って飲み込んでしまうことがあります。歯周病菌が肺に入り込むことで、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。
骨粗しょう症 骨粗しょう症は全身の骨がもろくなって骨折しやすくなる病気です。全身の骨が弱くなると歯を支える骨も弱くなります。したがって骨粗しょう症の発症により、歯周病の進行が早まるとわれています。
歯周病の進行度合いと治療法
進行度合い 症状 治療法

歯肉炎

歯肉炎

歯と歯ぐきの間にプラークがたまると、歯ぐきが赤く腫れはじめます。2~3mmのすき間(歯周ポケット)ができます。 スケーリングやルートプレーニングでプラークを除去します。

初期歯周炎

初期歯周炎

歯ぐきの炎症がひどくなり、歯ぐきやあごの骨が溶けはじめます。歯周ポケットの深さが3~5mmになります。 スケーリングやルートプレーニングでプラークや歯石を除去します

中期歯周炎

中期歯周炎

歯ぐきの炎症がさらにひどくなり、膿がたまって口臭が出ることもあります。あごの骨が溶かされ、歯がぐらつきはじめます。歯周ポケットの深さは4~7mm程度です。 フラップ手術で感染したプラークや歯石、歯周組織を除去します。

末期歯周炎

末期歯周炎

あごの骨が半分以上溶かされ、歯はぐらぐらになります。口臭はさらにきつくなります。歯周ポケットの深さは6mm以上です。最後には歯がぽろりと抜け落ちることもあります。 溶けてしまった骨の再生を促すため、歯周組織再生療法を行います。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

奥川歯科室は歯周病治療に豊富な実績と経験がある歯科医院です。当院は歯科用CTやマイクロスコープを完備し、院内で口腔外科手術ができるような体制を整えています。重度の歯周病に対しては歯周外科治療や歯肉移植を行って、できるだけ歯を残すように努めています。

当院では歯科医師、歯科衛生士ともに全員がライト付き拡大鏡を使用し、きちんとした処置を行うようにしていますのでご安心ください。歯科衛生士は担当制で、患者さまの歯ぐきを継続的に見守るようにしています。

基本的な治療

歯周病治療の基本は、毎日の歯みがきによって、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の除去をはかることです。セルフケアで落としきれないプラークや歯石は歯科医院で除去します。さらに歯根の表面をなめらかにしたり、ぐらぐらする歯の咬み合わせを調整したりします。

スケーリング

スケーリング

歯の表面や歯周ポケットにこびりついたプラークや歯石をスケーラーという器具を使って除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯周ポケットの内部こびりついた歯石を除去します。汚れを取り除いたあとは、汚れが再付着しないように、歯の根をつるつるにします。
歯周外科治療

基本治療だけでは歯周ポケットの深さが改善されない場合には、外科的にポケットの深さを減少させる手術を行います。さらに歯周病によって失われた骨を再生させる手術(再生療法)や、やせてしまった歯肉を移植する手術を行うこともあります。

歯周ポケットそうは術

麻酔をしてから、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石をかき出します。歯ぐきの切開は行いません。

歯周ポケットそうは術

フラップ手術

麻酔をして歯ぐきを切り開いてから、歯周ポケットの奥にあるプラークや歯石や感染した歯周組織を除去します。

フラップ手術

歯周組織再生療法

歯周病が進行すると、歯を支えている膜や骨が破壊されていきます。失われてしまった骨はもとには戻りません。歯周組織再生療法によって、骨の再生を促します。再生療法には、「GTR」と「エムドゲイン」があります。

歯周組織再生療法

歯肉移植

歯周病によって下がってしまった歯ぐきを取り戻すため、ほかの部分の歯ぐきを移植する手術です。歯肉移植としては、「遊離歯肉移植術(FGG)」と、「結合組織移植術(CTG)」があります。

FGGでは、上あごの口蓋から上皮組織と結合組織の2層を移植します。これに対しCTGでは、上あごの口蓋から結合組織のみを移植して歯肉を増やします。CTGのほうが美しい仕上がりを期待できますが、難易度の高い手術です。

歯肉移植

歯周外科症例紹介はこちら

診療メニュー