骨の高さがないCase

治療内容

上顎には副鼻腔という空洞があり、しばしばインプラント埋入を困難にさせます。
通常ならば副鼻腔の内膜を押し上げ、骨補填材を入れるサイナスリフトを行うケースでしたが、80歳以上の男性で極力体の負担を避けるためサイナスリフトをせず、インプラントをより骨のある方向へ意図的に傾斜させて埋入しました。

  • Before

    Before

  • After

    After