歯のないところに親不知を移植したCase

治療内容

左右上の親知らずを、以前に他歯科医院にて抜歯された右下第一大臼歯と破折のため抜歯が必要な左上の第一大臼歯の場所に移植しました。
歯がなくなった場合、ブリッジ、インプラント、入れ歯などいろいろな方法でその欠損部を補います。
親知らずの形や大きさが条件に合えば、積極的に移植の提案をいたします。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントは確かに良い治療方法ではありますが、お自身の歯には勝てません。

 

  • Before

    Before

  • After

    After